ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち【無料画像&ネタバレ】

奥村ボウイの最新作!

ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち

Handyコミック【ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち!!】LP1※スマホ専用

▲無料立ち読みはここから▲

 

ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち!!を読むにはHandyコミックがおすすめ♪
全部読むには会員登録(300円)が必要

 

 

ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち ネタバレ

駅までバイクで30分もかかる田舎に住んでいる吾郎はバイクに乗って買い出し中です。
母親はクマよけ用にでかい鈴を持たせてくれます。

 

吾郎はこの鈴があまり好きではないのですが、このクマよけ鈴がのちのち後々の物語にからんできます。
実は吾郎はクマよりも厄介なものに出会ってしまったのです・・・

 

 

「お、お金がないってどういうコト・・・?」
「払う気もないのに私とエッチしちゃったってコト?」

 

いきなり女の子に責められる吾郎。
実は出逢ったばかりのちっぱいな女の子・ちなつちゃんといきずりセックスをしてしまったのです!

 

「最初にちゃんと言ったじゃん!ちなつは「しょーふ」だって・・・っ」

 

セックス吾郎にお金がないと判った途端、泣き出してしまうちなつ。
実はちなつはエッチのアガりを持っていかないと怖いおばさんに殴られてしまうというのです!

 

 

事の始まりは1時間前・・・
バイクで買い出しに行く途中だった吾郎は、廃線になったバス停で女の子を見つけます。
この辺では見ない子だな・・・
そう思った吾郎はバスが来ないことを教えてあげるために女の子に声をかけます。

 

ところが女の子は吾郎を無視してひたすらケータイを弄っています。
女の子はノーブラだったので上から女の子を覗き込んできた吾郎は彼女のちっぱいが丸見え!!
携帯をしまってやっと次郎の方を見た女の子はさりげなくワンピースの襟をなおして、ちっぱいを隠します。
この動作がちょっとエロくていい感じ♪

 

実は女の子はこの辺に住んでいてバスがなくなったのも知っているみたい・・・
それにしては見かけない顔だと思っていると
「そんなにちょくちょく見かけられたら困っちゃうよ」
「だってわたしは「しょーふ」ですから♪」

 

どこにでもいそうな可愛い女の子が「しょーふ」だって!?
にわかには信じられませんが、彼女はのあたりの一軒家に女の子5〜6人で一緒に住んでいるとの事。

 

まさかと思ってしまう吾郎ですが、ノーブラであることや、さっきまで携帯を弄っていたのは買ってくれる人を待っていたと考えれば説明がつきます。
「ちなつのおっぱいをのぞいたコトも秘密にしといてアゲるからね!」

 

ちなつちゃんのちっぱいを覗いていたこともしっかりバレてました・・・
ちょっと話しているうちに、吾郎とちなつは同い年ということがわかります。
同い年の女子が娼婦として葉からいている!?
しかも、こんなに可愛い子が!?

 

「俺と一緒にどこかに消えちゃわない?」
思い詰めてしまった吾郎は逃げようとちなつちゃんに提案しますが・・・
「無理無理!お迎え来ちゃうし・・・」

 

どうやらちなつちゃんには複雑な事情があるみたいです。
しかし、頭に血が上ってしまっていた吾郎にはそんなことはわかるはずもなく・・・
お迎えってなんだよ!
ちょっと興奮気味の吾郎にいきなりキスするちなつちゃん。
「ちなつも約束フラれて退屈してたとこだったの」
「どうする?一緒に時間つぶしてくれる・・?」

 

ちなつちゃんのキスがあまりに気持ちよかったせいで何も考えられなくなった吾郎は思わず
「エッチな事を?」
と聞いてしまいます。

 

ちなつちゃんは嫌がるふうでもなく
「いいよ」
といってその場でフェラしてくれます!

 

「ちなつね、お口でさくらんぼ結べるんだよ」
じゅぷっちゃぷ・・・ぶぷっ・・・

 

エロい音を立てて咥えこんでくれるちなつちゃんがエロい!!
娼婦というだけあってちなつちゃんのフェラテクは最高!

Handyコミック【ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち!!】LP1※スマホ専用

 

そのままちなつちゃんの口の中に出してしまう吾郎。
たっぷり出しすぎたせいか、
「ひょっとして初めて?」
イタズラっぽく聞いてくるちなつちゃんにちょっとむっとした吾郎は
「おっぱい見せてよ」
と要求します。
「・・・いいよ」
「ごめんね、おっぱい小さくて・・・」

 

ちなつちゃんのちっぱいは柔らかくて、イイ匂いがします。
夢中になってしゃぶりついていると乳首も固くなってきて・・・遂にちなつちゃんのナカに挿入!
「初めは・・・ちなつが動いてあげるね」
「あん・・・ああ・・・っ」

Handyコミック【ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち!!】LP1※スマホ専用

 

挿入しただけで甘い声を漏らすちなつちゃんですが
「顔に似合わずイヤらしい声だすんだな」
ふつうの可愛い子があまりに上手で頭にきてしまったのでしょうか?
「今まで何本このナカで咥えこんできたんだ!」
ちなつちゃんのナカをかき回しながら、思わずちなつちゃんを責めてしまう吾郎。
「そ・・・そんなのわかんない・・・」
ちなつちゃんの答えはさらに吾郎をムッとさせてしまいます。

 

それでも、「一緒に消えちゃおう」と言われたことがちなつにはよほど嬉しかったらしく、
「心が動いたのは初めてだったよぉ!」
吾郎に散々ハメられながらの告白!?

 

⇒続きはこちら

ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち

Handyコミック【ちっぱいフーゾク嬢と野外えっち!!】LP1※スマホ専用

吾郎との野外フェラ&エッチしまくり!